フェイスリフトで若さを取り戻す|老化を抑える治療法

不安なく手術を受けるには

鏡を見る人

手術後の腫れ

フェイスリフトの手術を受けると若いころの顔が手に入れることができますが、どんな手術を受けて、手術の後の痛みや腫れがどのくらいなのかを知っておけば、不安を少なくフェイスリフトの手術を受けることができます。最近では手術日に自宅へ戻れることが多く、大きな手術をした場合は1日だけ入院をすることもあります。手術日に退院をした場合でも、顔に大きな包帯を巻いているようなことはないため、手術をしたことを気付かれることはほとんどありません。手術をした後は腫れよりも皮膚のツッパリ感が気になります。腫れが気になるのは2日目からです。晴れていても優しくすれば洗顔も可能です。3日目からは腫れが引き始め、抜糸後2週間もすると腫れはほとんどなくなります。

傷跡が残らない方法

フェイスリフトの手術の後、2週間後にはほとんど腫れは引きます。一般的なフェイスリフトの場合には、耳の前を切開します。徐々に目立ちにくくなってきますが、どうしても傷跡は残ってしまいます。フェイスリフトの手術方法によっては髪の毛の下に完全に隠れるところを切開して、髪をかきあげたりしなければ全く傷が見えない方法もあります。仕事等のために仕事を休むことができない場合や、ダウンタイムを待っていられない人にとってはお勧めの方法です。フェイスリフトの方法によって、同じ人であっても顔つきが変わります。こめかみに向かって引き揚げるか、耳に向かって引き揚げるかによって顔つきが変わりますので、医師からしっかり説明を聞いて、理解してから手術方法を決定するようにしてください。